最近の記事から

わたしの魂は

へいわ保育室 みことば

201705pic03

2月の聖句

 

涸れた谷に鹿が水を求めるように
神よ、わたしの魂はあなたを求める。

詩編 42編2節(旧約875頁)

球根の中には

さんびか

球根の中には花が秘められ  さなぎの中からいのちはばたく
寒い冬の中春はめざめる   その日その時をただ神が知る

沈黙はやがて歌に変えられ  深い闇の中夜明け近づく
過ぎ去った時が 未来を拓く その日その時をただ神が知る

いのちの終わりはいのちの始め おそれは信仰に死は復活に
ついに変えられる永遠の朝  その日その時をただ神が知る

かけがえのない時間

へいわ保育室 新しい月を迎えて

 クリスマスの喜びとともに、新年を迎えました。休み明けの子どもたちは、穏やかな表情で嬉しそうに登園していました。年末年始のお休みでは遠方へ出かけたりご家族でゆっくりと過ごされたことでしょう。そのひとときが子どもたちにとってかけがえのない時間であったことを登園後の様子からも感じ取ることができとても嬉しく思います。
 年始早々、北陸地方は大きな災害に見舞われるなど悲しい出来事が続き、胸が締め付けられる思いです。一日も早く被災された方々に平穏な日常が訪れることを願ってやみません。この日常が決して当たり前ではないことを心に刻み、私たち大人は目の前の子どもに精いっぱいの愛情を注いでいきたいですね。
 本年も皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

愛は

へいわ保育室 みことば

201705pic03

1月の聖句

 

愛は忍耐強い。愛は情け深い。

コリント信徒への手紙13章4節(新約317頁)

ちびすけどっこい

へいわ保育室 図書

子どもたちと心を合わせて、

へいわ保育室 新しい月を迎えて

 アドヴェントに入り、子どもたちと一緒にクリスマスを迎える準備を始めました。ヒバや杉を使って保育者がリースやクランツ台を作っていると「いいにおいがする」「まつぼっくりひろったね」と子どもたちはワクワクした表情でその様子を見守ります。
 イエス・キリストのご降誕を祝うクリスマスを待つ期間(待降節)をアドヴェントといいます。アドヴェント礼拝でキャンドルの明かりが増え、4本すべてに灯るとクリスマスです。保育室では、神さまがイエス様を救い主として私たちにくださったことを心にとめながらクリスマスを迎えます。
 0歳児は、礼拝が始まるとそれまで手に持っていたおもちゃを置き、そっと手を組んでお祈りをしていました。神さまと子どもだけの時間が流れているようで、神さまを身近に感じていると思えた瞬間でした。子どもたちと心を合わせて、クリスマスを楽しみに待ちながら過ごしていきたいと思います。
 先日の松戸教会での親子クリスマス会では、大好きな友だちと手をつないだり保育者やご家族と一緒にさんびかを歌ったり、子どもたちの笑顔があふれ、終始あたたかな雰囲気の中でクリスマスをお祝いできたことを嬉しく思います。12月下旬には、保育の中でも施設ごとのクリスマス会がおこなわれます。0・1歳の子どもたちも一緒に楽しくクリスマスをお祝いしたいと思います。ご家庭でも素敵なクリスマスをお過ごしください。

お言葉どおり

みことば

201705pic03

12月の聖句

 

お言葉どおり、この身に成りますように。

ルカによる福音書1章38節(新約100頁)

一つ一つ大切に拾ってきたのだと

へいわ保育室 新しい月を迎えて

 11月とは思えないほど気温の高い日が続いていますね。散歩から帰ってきた子どもの一人が汗をかきながら「どんぐり拾ったよ」とおしえてくれました。散歩バッグの中にはクヌギやクヌギの帽子、小さな木の実などの宝物がいっぱいです。地面とにらめっこをしながら一つ一つ大切に拾ってきたのだと思うとほほえましいです。
 先日、晴天にも恵まれ無事に親子交流会をおこなうことができました。わらべうた、どうぶつ体操など保護者の方におんぶしてもらったり一緒に踊ったりして、子どもたちの嬉しそうな笑顔が印象的でした。保護者の方からも「楽しかったです」「他の保護者の方と交流ができてうれしかったです」等、たくさんの感想をいただきました。お忙しいなかご参加くださりありがとうございました。今後も保護者の方と一緒に子どもの育ちを喜び共有できる機会を設けていけたらと思っています。

よその畑に

へいわ保育室 みことば

201705pic03

11月の聖句

 

よその畑に落ち穂を拾いに行くことはない。

ルツ記 2章8節(旧約423頁)

心の中にしっかりと

へいわ保育室 新しい月を迎えて

 実りの秋。店先には今が旬の栗や柿、りんごやさつまいもが並びます。今はほとんどの野菜や果物が一年中いつでも手に入りますが、「旬」のものは味が濃く、栄養価も高いと言われています。毎日の食事に取り入れて味わいたいですね。
 先日、ある保育室で飼育していたカブトムシが死んでしまい、子どもたちと一緒にお別れをするために公園へ向かいました。そっと土に埋めたあと保育者がお祈りしていると、ふと空を見上げて「おそらでねんねしているのかなあ」とつぶやいた子がいました。夏の間ゼリーを食べたり土にもぐって眠ったりと様々な姿を見せてくれたカブトムシとの時間は、子どもの心の中にしっかりと刻まれているようでした。虫かごに残った土の中にはなんと50個以上の卵がありました。生命が次の世代へ引き継がれていくことをおしえられます。
 これから深まる秋に向けて積極的に戸外へでかけ、季節の移り変わりや小さな生き物との出会いや発見を子どもたちと一緒に楽しみたいと思います。また、気温の変動が大きい時期ですので、子どもたちの生活環境を丁寧にみながら健康管理を心がけていきたいですね。

« 古い記事 新しい記事 »